近況のご報告

昨年はCOVID19の影響で、売上の想定が大幅に狂い、修正を余儀なくされました。

しかしながら、取引先各位、関係者様の大きな援助により、この危機を乗り越え

早期の修正を加え、第10期は、小幅な増収増益にとどまりましたが、第11期は、大幅な増収増益を迎えることができそうです。

それに伴い、第12期・第13期も10億円以上の売上を維持できるよう、仕入れを強化しており、実際、本日時点における仕入れは以下の通りです。

今期(2020.7月~)仕入れ 

10月 東陽町の区分3戸 70坪 業者 

12月 茨城県の別荘用地 100坪 ヤフオク    

   永福町 土地 40坪 小規模マンション用地 業者   

   三軒茶屋 土地 31坪 小規模マンション用地 REINS

2月 葛西 土地 16坪 小規模マンション用地 REINS   

   蒲田 土地 23坪 小規模マンション用地 REINS

3月(確定分)    渋谷区一等地 25坪 一等地として再販 業者   

   西永福 130坪 アレコレして再販 業者   

   中井 土地 10坪 超小規模マンション用地 REINS  

   東池袋 区分 リノベ再販 業者   

その他 契約予定 都心一等地 64坪 

会社概要

所在:〒135-0047 江東区富岡1-22-28 金桜堂ビル2F

電話:03-5809-8590 Fax 03-5809-9048

代表者 中澤 義哉(Nakazawa Yoshiya)

設立 2010年7月22日

資本金 1,000万円

直近売上 2018年度 600百万円(2019年6月決算実績)

従業員数 1名(代表者のみ)

主たる事業:不動産の買取・転売・投資用物件の保有

主要仕入先:東急リバブル 住友不動産販売 三菱UFJ不動産販売 

      ファイン アローズリアルエステート他(株式会社省略)

代表者略歴:1974年8月22日生まれ 千葉県松戸市出身

不動産業歴:2002年より売買仲介・デベロッパーにて開発等の実績

買取不動産の特長:資金力を活かした中長期での視点で取り組める案件として、借地・底地・再建不可・立ち退き等の開発案件を得意としています。

当社の特長

STE合同会社の仕入れの特長(現在)

 基本的には利益が出るのであれば、借地・再建不可・係争案件等ジャンル・エリアを問わず何でも購入しています。

特に10期以降は、短期転売よりも中長期の転売案件または保有案件を増やすことに注力しています。

なぜなら、当社の財務的体力がついてきたことにより、比較的自己資金と銀行借入のバランスに余裕が出来たため、時間的にも資本的にも余裕ある事業計画が可能になった事が大きいです。また、その間に建築の企画や新しい発想や企画を金融機関と調整することも計画しています。

さらに、これまで同様、積極的に新しい企画には挑戦していくつもりで、スペース貸し・ホテル事業・シェアリングエコノミーなどの新しい企画にはどんどんチャレンジしていきたいと考えています。

《当社保有資産》2020年1月現在

賃貸中保有物件 区分2戸・戸建3戸・ホテル1棟・ビル1棟(合計年収0.6億円:原価総額5億円:残債合計4.4億円 売却想定価格合計11.87億円)

建築中物件 マンション2棟(想定年収7千万円 原価総額7億円 借入5.8億円 売却想定価格合計12億円)

長期保有建築を目的とした保有中の土地 倉庫1棟 マンション2棟(想定年収1.2億円 想定借入7億円 売却想定価格合計20億円)

 在庫物件だけで、3年後には保有物件の家賃収入2.5億円/年を目指しています(CF(手取)1.2億円/年)

2010年7月創業:10期を迎えています

不動産経験15年以上の 代表:中澤義哉がひとりで、 純粋に「不動産が好きで、好きな仕事だけに取り組んでいきたい」という願いのために設立した会社です。

当社は東京・千葉を中心に保有棟数を増やしている個人経営型の宅地建物取引専門業者です。特定のクライアント様と仲介業者様との密接なお取引を大切にしております。したがい、数をこなすのは苦手ですが、年間で20件以上の買取り実績があります。

売上は創業以来・順調かつ着実に上がっており、9期売上は6億円・10期は15億円と飛躍の年を迎え、豊富な経験・資金・金融機関等との連携により、「つぶれない会社」であり続け、

お客様との長い取引を持続し、最終的にお客様に赤字が出ないように、常にお客様をリードし続け、専門の知見を増やしていきたいと考えております。